東北で芝生育てるのってどうなの?の話

※当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

※当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

芝日記

どうも、へいきちです。

今日は芝生の話をしたいと思います。

みなさん、芝生を育てるってどういう印象ですか?

「雑草抜くの大変そう」「水やり大変そう」「芝刈り大変そう」 etc・・・

とすごく大変なイメージを持っている方が多いと思います。

まして、へいきちが住んでいるのはいわゆる雪国。

冬は地面が見えている日のほうが少ないくらいのばっちり雪の積もる地域です。

そんな地域でも週に1回少しの時間をとれば、芝生を育てられるんだよということお話しします。

もし同じような地域で芝生を植えようと迷っている方いらっしゃいましたらぜひ読んでみてください!

なぜ芝生を植えようと思ったのか

理由は

なんとなく家の庭にあったらいいなーと思ったから

です。

おい!なんとなくかい!

と思ったそこのあなた

そうです、それでもそれなりに育つことに意味があるんです!

ただ実際に植えるとなった時、外構屋さんとハウスメーカーの担当者にこう言われました。

「やめたほうがいいです。人工芝はいかがですか?」

へいきちは思いました。

ぜったいにやってやる!!!きれいな芝生ですねと言わせたる!!!

あまのじゃくの性格なへいきちはこの一言で余計に心に炎がついたのは内緒ですwww

ただそうは言っても素人なのでできることをやるって感じで管理してます。

へいきち流管理方法

芝生は15度くらいにならないと活動をしない植物だそうです。

なので、その期間が長い地域のほうがより芝生はよく育ち、育つ期間の間(春から秋にかけて)が作業の必要な時期になります。

年間スケジュールとしては

春に更新作業、夏場の最盛期は芝刈り、秋に来年に向けた更新作業冬は何もしない

というサイクルを繰り返すのが芝生の基本的な管理方法です。

具体的に何をやっているのかは後述しますが、へいきちは相当手をかけないタイプだと思っていますww

ですが、最盛期にはこんな感じになります↓

普通に芝生でしょ?

パッと見きれいでしょ?

もっと芝生の密度を高めたり、緑の濃さを求めるならもっと頑張らなきゃですが、別にいいんです。

だって「なんとなく芝生があったらいいな」なんですもんww

ということで、今年の今までやった作業を書いていきます。

今年の作業

今年は4月の頭にようやく雪が解けたので、4月頭から芝生の作業を再開しました。

実際に今日までの作業内容と時間はこんな感じです。

・4月1週目:サッチング、目土、芝刈り10㎜、肥料散布、除草剤散布で作業時間は1時間くらい

目土の影響で真っ黒です。サッチングは体力的にすごくきついですが、年に数回の運動と思ってがんばりました↓

・4月2週目:雑草取りと水やりのみで作業時間は30分くらい

よーくみると新芽が出てきています

・4月3週目:雑草取りのみで作業時間は30分くらい

ちょこちょこ緑の部分が増えてきました

・4月4週目:雑草取りのみで作業時間は30分くらい

先週より緑の部分が広がっています。”穂”もだんだん出てきました

来週はGWになりますので、第2回の芝刈りと水やりをしようかなと計画しています。

こんな感じで毎日芝生の様子を観察し、週一回晴れた日に作業するというのを続けていくのがへいきちのスタイルです。

なので大変と感じたことは特にないです。

(単純に観察して計画建てるのが好きだからかもしれませんがww)

まとめ

今日は実際に自宅で育てている芝生の話をしました。

ずぼらな性格なので芝生にかける作業は本当に少ないですが

自己満足できる程度には育ってくれています。

隣の芝は青いっていうことわざがありますが、確かにインスタ等で見る芝は本当にきれいでうらやましく思います。

が、自分でできることを自分のできる範囲でやって満足すればいいじゃないですか。

どうせ自分の家の庭ですから!

ここで私の座右の銘を紹介して今回の記事を締めたいと思います。

為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり

上杉鷹山

ということで芝生を植えようか迷っている方、ぜひ導入の検討を!

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました