一条工務店i-smartに住んで3年のへいきちが選ぶ住んでみてよかったこと5選

※当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

※当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

家の話

どうも、へいきちです。

以前ハウスメーカー選びの話をご紹介しましたが、今回はi-smartに住んでよかったことを5つご紹介したいと思います。

家を買う決心をして5年、住み始めて約3年。

実際に住んでいる人間の感想を書くことで

ハウスメーカー選びで悩んでいる方、i-smartにするかどうか悩まれている方のご参考になれば幸いです。

1. 断熱性能

まず一つ目が断熱性能の高さです。

へいきちが住んでいる地域は夏30度を超え、冬氷点下の日が続く地域です。

そんな地域ですが家の中はどこにいても一年中23~27度くらいで保たれています。

ちなみにわが家の冷暖房稼働実態ですがこんな感じです。

  • 夏は10畳用のエアコン1台を27度設定で24時間稼働
  • 冬は全館床暖房(標準装備)を30度設定で24時間稼働

冷暖房ガンガンじゃん!電気代高いんでしょ?と思ったそこのあなた!

へいきちは今の家に住む前に2LDKのアパートに住んでいたのですが、なんと驚くことに灯油代を含めた光熱費の合計よりも少ない電気代で過ごすことができています。

一条工務店のHPで紹介のある一般のZEHよりも2.5倍熱を伝えにくいという記載も十分に実感できます。

2. 静寂性

2つ目は静寂性です。

i-smartの特徴として断熱性能が高いことを先ほどご紹介しましたが、

その具体的な構造は

壁も屋根下も床下にも断熱材がびっしり。

加えて窓もトリプル樹脂サッシ。

といった具合。

分厚い箱の中に居住空間が存在するイメージをしていただければわかりやすいかなと思います。

なので、外から入る雑音が本当に少なくなります。

特に雨や風の音は全然聞こえません。

よく「昨晩雨すごかったね~」とか「風がうるさくて眠れなかった」

なんて話を職場で聞きますが、そんなこととは全く無縁。

むしろ朝出発するときに玄関の扉を開けてえっこんなに雨降ってたの!?と驚くことの方が多かったりします。

これは断熱性能の高さによる副次的な作用によるものなのでうれしい驚きでした。

3. 外壁の自浄作用性

3つ目は外壁が汚れないという点。

これは「ハイドロテクトタイル」というオプションで

なんだオプションかよと思われてしまうかもしれませんが

i-smartの購入者のほぼ100%の方がつけているオプションなのでご紹介しました。

(へいきち調べなので数値は適当です)

家の外壁って雨風にさらされることで結構汚れていきます。

ですが

ハイドロテクトタイルは汚れません。

光触媒の技術によって太陽光と雨の力で洗い流す。

わが家は白い外壁ですが3年たった今でも特に掃除などせずとも新築のころと同じ輝きを見せてくれています。

4. 熱交換換気システム

4つ目は熱交換換気システムです。

このシステム名はロスガード90と一条工務店では呼ばれています。

このシステムは家全体の吸排気を一つの熱交換器を通して行うというものです。

特徴は排気する汚い空気と吸気する綺麗な空気の熱を交換する効率がなんと90%という宣伝文句です。

そんなの可能なのか?

エンジニアの端くれのへいきちは当初結構疑念に感じていました

実際に住んでみて家全体のあらゆるところに換気の吸気口があるのですが、冬に手を当てても寒いと思ったことは一度もありません。

(計算したことはありませんが)確かに90%の熱交換効率があるんだなと感心したへいきちでした。

5. 大容量収納

5つ目は収納の多さという点。

部屋の間取りやそもそも家の大きさで変わるでしょというツッコミがあると思いますが、

標準装備でつけられる収納の数と種類の多さがよいと思った点です。

例えばクローゼットの中の服が収納できる棚や部屋の本棚も標準装備です。

このおかげで3年間で収納用の棚を買うことはありませんでした

もっと年月が経つとものが増えていくとは思うのですが、それでも半分以上の空きはあって十分対応できそうだと思っています。

まとめ

今回はへいきちが住んでいるi-smartに住んでよかった点を5つご紹介しました。

この記事を書こうと思ったきっかけはへいきち自身、i-smartを選ぶ際にいろいろな方のブログの記事を読んで参考にしたからです。

同じような境遇の方々に役立つ記事になっていたらいいなという思いを込めて書いてみました。

これからもi-smartの記事は定期的に書いていこうと思います!

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました